倫理要綱

主旨

 大広エンジニアリングは、社会的関心が高まりつつあるCSR(corporate social responsibility・企業の社会的責任)について、会社をあげて積極的に推進するための組織として、平成18年12月8日付けで「企業倫理委員会」を設置しました。
 当社は、上下水道,河川,ダム,砂防,道路,都市施設、環境対策、災害復旧等を対象として、企画,設計,施工及び維持管理等について、技術情報,技術の成果,技術創造を提供する企業であることを自覚し、優れた専門技術をもって、顧客の要望に応えることとしております。
 これまでも、当社役職員は常日頃からこの理念をよく理解し、社会との調和をはかるべく法令,規則を遵守しつつ、企業自らが適正な利益を確保することを目標に、活動を展開してまいりました。
 今回、この目標を確立するために改めて当社に倫理要綱を設定し、役職員の日々の行動規範と致しました。

 

鋼領

当社の使命と社会的責任

(当社の使命)
 社会のニーズを正確に理解し、高度な技術をもって効率よく、社会資本の整備・充実に貢献する。

(社会的責任)
 社会の構成員としての自覚をもち、社会の要請に応え、良識と責任ある行動をとる。

(社会との調和の促進)
 いかなる場合においても、人格を尊重し、地域社会との良好な関係を構築・維持し、社会貢献活動を行う。

(環境保全)
 常に環境問題への取り組みを重要な使命と認識し、自主的かつ積極的に環境保全に十分配慮した事業活動を行う。

 

顧客の信頼に応える

(良好な成果品の提供)
 顧客のニーズを理解し、責任をもって業務に当たり、顧客の信頼に応える。

(公正な競争)
 高度で効率のよい技術力の蓄積によって、企業競争力を強化し、公正かつ自由な競争を行う。

(守秘義務)
 実務の遂行中に知り得た秘密事項は、顧客の事情を勘案し的確に保護する。

 

役職員の行動と責任と地位向上

(公正取引)
 顧客,マーケティングに関して、関連する相手と公正な取引をすること。また、利害関係先への社会通念上、社交儀礼の範囲を超える便宜供与をしてはならない。

(利益相反,衝突の禁止)
 業務を遂行するにあたって、個人的利益を会社の利益と対立、衝突させてはならない。

(技術の研鑚)
 常日頃より技術の研究、工夫に努め、新技術の創造・開発に研鑚する。
 また、当社の有効で優れた技術力を関係先にアピールすることによって、地位向上を図る。

 

実践のために

(体制の整備)
 倫理委員会の要請により、適宜、当社の体制を再整備する。

(違背に対する措置)
 役職員がこの倫理要綱に違背した場合は、倫理委員会において検討・整理し、当社の会長・社長に報告して、社長はその措置を決定する。

 

倫理委員会 構成

委員長 石村 清治  (取締役相談役)
委 員 吉国 洋   (広島大学名誉教授)
 〃  米倉 亜州夫 (広島大学名誉教授)
 〃  大本 和則  (元広島弁護士会会長)
 〃  近藤 誠子  (会計士事務所)
 〃  持石 勉   (取締役技術部長)
 〃  梅田 圭一  (執行役員営業部部長)
 〃  中田 頴治  (事務局・総務部長)